野根まんじゅう

高知県と言って真っ先に思い浮かべる名産品として、鰹や鮎など魚のイメージが強いのですが、高知の歴史ある銘菓といっても過言ではないのが「野根まんじゅう」です。詳しい方であれば「ケンピ」も同様に思い浮かぶことでしょう。

野根まんじゅうの名前の由来は、地名である野根からきました。創業時である明治維新後にはまだ名前が定められておらず、最初はただの饅頭として販売されていました。その後、昭和25年に昭和天皇陛下が土佐を観光される際に、室戸岬の山田邸でこの饅頭を食されてからは「野根まんじゅう」として多くの方に親しまれるようになりました。

野根まんじゅうの特徴としては、白生地の薄皮饅頭で、中はこしあんになっています。小ぶりなサイズでパッと見た感じでは酒饅頭に通ずるところがあります。実際に皮の材料としてお酒が使われているのですが、酒饅頭のようにお酒の風味とはほど遠い感じで、シンプルで素朴な味わいが人気の秘訣です。

食材には厳選された十勝小豆を使用しざらめと共に炊き上げます。
生地には小麦粉に四温糖+水といった安心食材が使用されており、丁寧に練り上げられます。
自然な素材をふんだんに使用しており、優しい甘味がお茶受けとしてもピッタリで、幅広い年齢層から支持を得ています。

販売元は浜口福月堂で、時に他社から類似品が出回ることもありますので、お求めの際には販売元を確認しましょう。浜口福月堂は明治時代から続いている野根の菓子屋として自信を持って野根まんじゅうを提供してくれます。