かつおのたたき

高知県は海産物が豊富で、中でも鰹は有名です。
鰹は季節の訪れを告げてくれる魚でもあり、土佐料理の横綱的存在でもあります。

ホンガツオやその他の数種類のカツオをタタキで味わうのが最高です。
高知県と言えばかつおのたたきということで、お取り寄せグルメとしても人気があります。

飲食店がズラリと並ぶ高知の繁華街では、かつおのたたきを名物として掲げるお店がたくさんあります。
食べ方にもいろいろありますが、土佐では皮目をパリっと焼いて、玉ねぎやショウガ、大葉やにんにく、ミョウガなどの薬味と共にチリ酢を付けて食するのが一般的な食べ方です。

かつおのたたきを取り扱うお店が多い分、味わい方も様々です。
味わい方が多彩なのも土佐の醍醐味でもあります。
中でもポピュラーな食べ方は藁の香りを鰹に移した「わら焼きタタキ」です。
他に炭焼きや松の葉焼きといった個性的な食べ方もあります。
通常は焼いた後に氷水で締めるのですが、温かいうちにそのまま食べる焼き切りや、塩をまぶして食べる塩タタキにも人気があります。
バラエティーに富んだ食べ方を楽しめるので、同じかつおのたたきでも飽きることはありません。

高知県で節というのは生節のことです。
生節は削り節の原料でもなく、生鰹ともまた違っています。
どちらかというと燻製のようなもので、主な生産地は土佐市宇佐町です。
生節は鰹を燻製にすることにより日持ちするので江戸時代から保存食として多くの人に親しまれてきました。
味は鰹の風味がそのまま凝縮された感じで、おつまみにも最適です。
あとはパスタやサラダとの和え物に使うこともできますし、煮物にしてもまた味わい深いものです。

本場の鰹はやっぱりおいしいのです。
お土産や贈り物としてはもちろん、自宅用としても堪能したいものですね。