高知県の名産品の概要

高知県には数々の名産品があります。

日本料理の味を支える鰹は季節の訪れを告げる魚で、高知県では土佐料理の横綱として親しまれています。
高知にはホンガツオを始め数々のカツオの恩恵を受けた食文化が浸透しています。
素材の味を堪能するには、タタキや刺身で味わうのが一番ですね。
初鰹の美味しさは格別で、香りと味の良さは絶品です。
皮をつけたまま刺身で食べるのが一般的です。
秋の戻り鰹も脂がたっぷり乗っていて最高ですね。

高知県はゆずの産地としても有名です。
ゆずを使った製品に人気が高まっています。
ゆず酢やゆずジュース、柚子ドレッシング、ゆず味噌、ゆずの佃煮などが人気です。
最近では通販サイトでも取り扱いがあるみたいですね。
豊かな森で育った化学肥料や農薬を一切使わない有機栽培の柚子を売りとしているショップもあるようです。

四万十名物として有名なのがあおさのりです。
あおさのりは四万十川河口から数キロ上流の川の水と海の水とが混ざり合う場所で養殖されています。
一般的に売られているのは天日干しされたもので、冷凍すれば1年間は保存できると言われています。
あおさのりは味噌汁に入れて食べると風味がよくておいしく食べることができます。

お土産物として親しまれている野根まんじゅうは薄皮でひょうたんのような形をしていて、甘さ控えめのこしあんが人気の秘訣です。

山の幸や海の幸など、おいしいものがたくさんある高知県ですが、おいしい料理にぴったりの地酒がたくさん揃っています。
舌の肥えた土佐の人を満足させる淡麗で辛口な味を楽しめるのが土佐の地酒の特徴です。

たくさんの名産品が揃っている高知県では、お土産として何を買って帰ろうか目移りしてしまうほどです。
お気に入りのお土産物も見付けて、自宅に戻ってからも高知の旅の余韻が味わえるといいですね。